出棺の時の葬儀マナーとは

出棺の時の葬儀マナーとは

人間の葬儀と同じように葬る

ペットの家族化が進んだことで、ペットの生活環境は大きく変わりました。昭和と平成では全然違います。とくに、ペットが亡くなったときどうするかは、かなり選択肢が増えました。昭和の頃は、ペットが亡くなると一般廃棄物として自治体に出すことが多かったです。庭先に穴を掘って埋め、手製の墓標を立てると言うこともありました。また、不法投棄する人も少なくなかったです。しかし、現在はペットの葬儀を行ったり、火葬場で火葬するのが当たり前のようになっています。命日に追善供養を行う人も多いです。人間の葬儀と同じような手順で、丁重に葬る人が増えました。

なぜこのようになったのかと言うと、ここ数年でペット専門の葬儀社や火葬場が増えたからです。これにより、ペットを丁重に葬りやすくなりました。近年、人間の葬送も多様化してきています。とくに、自由葬はかなりポピュラーになってきました。ペットの世界でも一般廃棄物として出すか庭に埋めるかだけではない、さまざまな選択肢が増えてきています。ただ、業者の中には悪質なところも存在します。業者を利用する場合は、ネットの口コミなどをしっかりチェックしましょう。決して、価格だけで選んではいけません。

PR情報

Copyright (C)2017出棺の時の葬儀マナーとは.All rights reserved.