出棺の時の葬儀マナーとは

出棺の時の葬儀マナーとは

葬儀で気を付けなければいけないこと

葬儀でのマナーはたくさんあります。葬儀場で式をする場合は、参列者の方よりも早くその場所へ行き、玄関先でお待ちし、来ていただいた方からお香典をいただき、お香典に書いてある名前などをノートにうつします。帰りも参列者の方のお見送りをする為、先に玄関で待っています。

参列者の方は、突然のお葬式の連絡を受け、まず、喪服などの準備をしなくてはいけません。喪服なので当然黒っぽい服装になります。女性の服飾は、きらびやかでないものを選びます。学生の方は、白襟のついたセーラー服の場合は白襟を外します。男子は学ランのままになります。

小さなお子さんの服装も、黒っぽいものを着せてあげます。式が始まったら当然、私語はつつしみ、お経を聞きます。御焼香の場合は、その人その人でやり方は違いますが、左側から御焼香場所へ行き御焼香をし、右側から席につきます。そのあとはまたお経が続き、住職の話を聞きます。そして、お通夜、お葬式は終わります。お葬式に行かない方だと、なかなかマナーを全て把握するのは難しいです。しかし今の時代、いろんな場所から情報をとりいれる事ができるので、少しでも分かっていると違います。お香典の金額も親族や友人、会社関係でもかわってくるので、その辺りも知っておきたいです。

PR情報

Copyright (C)2017出棺の時の葬儀マナーとは.All rights reserved.