出棺の時の葬儀マナーとは

出棺の時の葬儀マナーとは

葬儀を行うに当たり重視する点

亡くなった方が遺言を残され、どのような葬儀を希望するかをお話しされている場合は、その希望をかなえてあげるのが一番でしょう。最近ではエンディングノートという、葬儀や財産に関して希望を記入するものもあります。しかし、今の日本の現状では、亡くなる前に希望を残される方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

遺言がない場合には、残されたものの心情、希望が葬儀において重要になってくるでしょう。亡くなったかたに関わったすべての方に来ていただきたい場合や、ごく身内だけでそっと見送りたいという場合もあります。遺族が安心して故人を送ることの出来る葬儀が重要です。

とくに信仰している宗教がない場合は、葬儀になれていない親族にかわり、いっさいを執り行ってくれる業者もあります。最近はご近所さんとの関わりも少ない場合が多く、葬儀の段取りがよくわからないという方も増えています。プロの方におまかせするほうが、故人を見送ることに専念できてよいかもしれません。葬儀のあと、初七日、一周忌などの段取りがよくわからない、付き合いのある僧侶がいない、檀家になっていないので、どのお墓を選べばよいかなど、亡くなった方のことで遺族が決めなくてはならないことはたくさんありますが、これらに対応してくれる業者も今は結構あります。

PR情報

Copyright (C)2017出棺の時の葬儀マナーとは.All rights reserved.