出棺の時の葬儀マナーとは

出棺の時の葬儀マナーとは

出棺の時の葬儀マナーとは

葬儀は一生のうちでそうそう何回も経験する事ではありません。ですので、いざという時に恥をかかないように、きちんとマナーを知っておく必要があります。葬儀は一体どんな流れで行われるのかなど、実際に大切な人が亡くなった時に慌てないようにしましょう。では、出棺の時はどのようなマナーがあるのでしょうか。まず、出棺は告別式が終わった後に行われます。遺族や親族が、故人と最後のお別れをするところです。友人なども呼んでいる場合には、友人も一緒に加わってもらうと良いでしょう。最後のお別れでは、祭壇に飾られていた生花を故人の周りに飾るように入れます。

これを、お別れ花と言いますので、覚えておきましょう。さて、ここで棺の中に、故人が好きだったものを一緒に入れる事が出来ますが、何でもかんでも入れて良いという訳ではありません。どれだけ好きだったとしても、中にはマナー違反になるものもありますので、注意が必要です。一般的に入れても良いものは、タバコやお洋服などの、燃えやすいものになります。そして、入れてはいけないものはメガネやCD、指輪といった燃えにくいものになります。また、生菓子や果物といった食べ物も避けるようにしてあげましょう。当然ですが、ゴルフクラブなどの大きいものもNGですよ。

Copyright (C)2018出棺の時の葬儀マナーとは.All rights reserved.